実務者研修

【実務者研修】通学制と通信制(通信+通学)を徹底比較

介護職員初任者研修

投稿日:

実務者研修には「通学制」と「通信+通学制」の2種類のコースがあります。実務者研修の受講を検討している方の中にはどちらのコースを選択するべきか、どちらが自分に合っているのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、自分の生活やスケジュールに合った受講スタイルを選択できるように通学制、通信制のそれぞれのメリット・デメリットを説明しています。実務者研修のコースで迷っている方は、ぜひご一読ください。
実務 者 研修 通学

実務者研修のコース

冒頭で記載した通り、実務者研修には「通学制」と「通信制」の2種類のコースがあります。
通学制は、すべての受講科目をスクールに通学して受講するコースです。
通信制は、テキストを使用して自宅で一部の科目を受講して、演習など通学して受講する必要がある科目をスクールに通学して受講するコースです。
実務者研修を実施しているスクールでは、通信コースをメインに実施していて、通学コースを実施しているスクールは少ない状況です。

保有資格に応じた受講内容

実務者研修は全部で20科目、トータル450時間以上を学習するカリキュラムになっています。しかし、他の介護の資格を保有している場合には、実務者研修のカリキュラムの一部受講が免除されます。実務者研修のカリキュラムと保有資格による免除科目は以下のようになっています。

教育内容 実務者研修
時間数
介護職員
初任者研修
生活援助
従事者研修
介護に関する
入門的研修
訪問介護員研修 介護職員
基礎研修
その他
全国研修
1級 2級 3級
人間の尊厳と自立 5    
社会の理解Ⅰ 5    
社会の理解Ⅱ 30            
介護の基本Ⅰ 10      
介護の基本Ⅱ 20          
コミュニケーション技術 20            
生活支援技術Ⅰ 20      
生活支援技術Ⅱ 30        
介護過程Ⅰ 20        
介護過程Ⅱ 25            
介護過程Ⅲ(スクーリング) 45              
発達と老化の理解Ⅰ 10            
発達と老化の理解Ⅱ 20            
認知症の理解Ⅰ 10     認知症実践者研修
認知症の理解Ⅱ 20           認知症実践者研修
障害の理解Ⅰ 10      
障害の理解Ⅱ 20            
こころとからだのしくみⅠ 20        
こころとからだのしくみⅡ 60            
医療的ケア 50(※)               喀痰吸引等研修
実務者研修受講時間数 450 320 410 430 95 320 420 50  

※医療的ケアの演習は別に受講します。

出典元:厚生労働省 実務者研修における「他研修等の修了認定」の留意点について

実務者研修の通学制のメリット・デメリット

それでは、通学制のメリット・デメリットをみていきましょう。

通学制のメリット

通学制では、一般の学校の授業形式と同じく、通学して教室で授業を受けます。講師から直接授業を受けるので、疑問点をすぐに解決できることがメリットです。また、同じ目標を持った受講者と一緒に受講するためモチベーションが維持しやすくというメリットもあります。

通学制のデメリット

通学制のデメリットは、通信制に比べて受講費用が高いことです。スクールでは、教室の準備、講師の手配などに費用がかかるため、受講費用に反映しています。また、受講者の通学するための交通費など負担が増えることもデメリットになります。
また前述していますが、通学制を実施しているスクールは少ないため、近くのスクールが見つからないこともあります。

通学制に向いている人

通学制に向いている人は、一人で勉強するのが苦手な方、自宅で勉強するのが苦手な方でしょう。

実務者研修の通信制のメリット・デメリット

続いて通信制のメリット・デメリットを見ていきましょう。

通信制のメリット

通信制のメリットとして、自分のペースで学習を進めることができる点が挙げられます。空き時間を使って効率的に学習を進めることができます。スクーリングも必要となりますが、通学制と比較すると少ない回数なので、交通費や移動時間の負担も少なくなります。また、通学制と比較して受講費用を抑えることができます。

通信制のデメリット

通信制のデメリットとして、モチベーションが保ちにくいことが挙げられます。スケジュール管理を自分で行うため、仕事が忙しい時期などは課題の提出を後回しにしてスケジュール通りに学習が進まないこともあるでしょう。

通信制に向いている人

通信制は、仕事や家庭と両立して研修を受講する方、自分のペースで学習したい方、費用を抑えて受講したい方に向いています。

まとめ

実務者研修の2つのコースのメリット・デメリットについて説明しました。それぞれ一長一短がありますが、実施しているスクールの数からも、多くの方が通信制を受講しています。
まずは、お近くのスクールでどちらのコースが実施されているか調べて見ると良いでしょう。
そして、それぞれのコースのメリット・デメリットから、自分に合ったスクールを見つけ、実務者研修を修了していただきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お近くの実務者研修のスクールを探すときには、資料を一括請求できる『シカトル』が便利です。ぜひご利用ください。

-実務者研修

執筆者:

関連記事

実務 者 研修 試験

実務者研修の修了試験。難易度と例題

介護のスキルアップや介護福祉士の受験資格を満たすために、実務者研修の受講を検討している皆さんは、受講費用や受講期間と合わせて、修了試験について気になっていませんか? 「修了試験があるの?」「試験勉強は …

実務者研修を最短で取得するには?

介護業界で働いている方は実務者研修を最短で修了して、より早く昇給や昇進につなげたいとは思いませんか? 実務者研修の最短での取得期間と、その方法、留意点についてまとめました。実務者研修を最短で取る場合の …

実務者研修の難易度は?難しい?

実務者研修は、実力をつけるために役に立つのはもちろん、実務経験ルートにて介護福祉士の国家資格を取得するためには必ず修了しておく必要がある研修です。介護職員初任者研修に比べて内容が実践的になることもあり …

実務 者 研修 勉強 方法

実務者研修の勉強方法!自宅学習のポイント

実務者研修は、実践的な介護技術や知識を学ぶ研修であり、介護職として働きながら介護福祉士へのキャリアアップを目標として受講する人が多い研修です。 しかし、受講を考えている方の中には、「仕事や家事、育児と …

実務者研修の料金を比較!料金以外に注目するポイントは?

実務経験ルートで介護福祉士資格を取得するために、受講が必須となる実務者研修。実務者研修では喀痰吸引などの専門的な技術を学べること、修了するとサービス提供責任者になれることなどのメリットがあり、人気のあ …