実務者研修

実務者研修の学習内容・カリキュラムを解説

介護職員初任者研修

投稿日:

介護業界で働いている方は、スキルアップ、キャリアアップのために実務者研修の受講を考えていると思います。しかし、「どんなことを学ぶのだろう?」「修了できるだろうか?」と実務者研修の申し込みを迷っていませんか?
そのような不安を感じている方へ、実務者研修の学習内容・カリキュラムについて詳しくご紹介しますので、実務者研修の受講に向けてお役立てください。
実務 者 研修 内容

実務者研修の学習内容・カリキュラムについて

実務者研修の学習内容・カリキュラムは、受講者がそれまでに取得している資格によって受講の必要な科目と時間数が違います。無資格の方は約450時間の受講が必要です。以下の表が、保有資格別にカリキュラムをまとめたものになっています。

教育内容 実務者研修
時間数
介護職員
初任者研修
生活援助
従事者研修
介護に関する
入門的研修
訪問介護員研修 介護職員
基礎研修
その他
全国研修
1級 2級 3級
人間の尊厳と自立 5    
社会の理解Ⅰ 5    
社会の理解Ⅱ 30            
介護の基本Ⅰ 10      
介護の基本Ⅱ 20          
コミュニケーション技術 20            
生活支援技術Ⅰ 20      
生活支援技術Ⅱ 30        
介護過程Ⅰ 20        
介護過程Ⅱ 25            
介護過程Ⅲ(スクーリング) 45              
発達と老化の理解Ⅰ 10            
発達と老化の理解Ⅱ 20            
認知症の理解Ⅰ 10     認知症実践者研修
認知症の理解Ⅱ 20           認知症実践者研修
障害の理解Ⅰ 10      
障害の理解Ⅱ 20            
こころとからだのしくみⅠ 20        
こころとからだのしくみⅡ 60            
医療的ケア 50(※)               喀痰吸引等研修
実務者研修受講時間数 450 320 410 430 95 320 420 50  

※医療的ケアの演習は別に受講します。

出典元:厚生労働省 実務者研修における「他研修等の修了認定」の留意点について

実務者研修カリキュラムの詳細

実務者研修は、上記の20科目を学習します。それでは、各科目でどのような内容を学習するのか見ていきましょう。

人間の尊厳と自立

「人間の尊厳と自立」では、人間に対する多面的な理解に始まり、人権の尊厳の意義について学習します。歴史的な経緯なども含め、日本国憲法で定められた尊厳に関する知識を深めます。また、介護においての自立や自立支援の意義も、この項目で学ぶ内容です。介護職に求められる利用者の自立支援のあり方や支援の目的、重要性を理解します。

社会の理解Ⅰと社会の理解Ⅱ

「社会の理解Ⅰ・Ⅱ」では、介護保険制度を含めた社会保障制度について学習します。家族や地域、社会との関わりから生活と福祉を捉え、介護保険制度のサービスの概要、利用までの流れ、専門職としての役割などを理解します。

介護の基本Ⅰと介護の基本Ⅱ

「介護の基本Ⅰ・Ⅱ」では、介護福祉士の沿革やその法的な定義と業務の範囲、義務について学びます。また介護における個別ケアやICF、リハビリテーションなどの考え方を学習し、個人の尊厳を保持した上で行う利用者の自立に向けた介護について理解します。

コミュニケーション技術

「コミュニケーション技術」では、利用者との援助関係の構築に必要なコミュニケーション技術について学習します。具体的には、利用者の状態に合わせた対応や記録・報告の仕方、情報共有について学習し、利用者の要望、意欲を引き出すコミュニケーション能力、関係者との情報共有をするためのコミュニケーション能力を身に付けることが目標となります。

生活支援技術Ⅰと生活支援技術Ⅱ

「生活支援技術Ⅰ・Ⅱ」では、適切で安全な支援を行うための技術や知識を習得します。利用者へ支援を行うために介護技術の基本として、移動や移乗、食事、入浴、排泄、着脱、口腔清潔、家事援助、居住環境の整備、福祉用具の使い方などを学習します。

発達と老化の理解Ⅰ発達と老化の理解Ⅱ

「発達と老化の理解Ⅰ・Ⅱ」では、老年期の様々な発達課題や心理的な課題、支援する上での留意点について、理解を深めます。老化に伴う心理的な変化や身体的機能の変化、日常生活への影響、高齢者に多い症状や疾病などを学習します。

認知症の理解Ⅰ認知症の理解Ⅱ

「認知症の理解Ⅰ・Ⅱ」では、認知症の症状や特徴を理解します。認知症の原因となる代表的な疾患や症状、障害、認知症が進行することで起こる変化や認知症の検査、治療などについて学習します。

障害の理解Ⅰと障害の理解Ⅱ

「障害の理解Ⅰ・Ⅱ」では、障害の概念や障害福祉の歴史から、障害者の心理、行動、生活上の課題などの特徴について学習します。

こころとからだのしくみⅠとこころとからだのしくみⅡ

「こころとからだのしくみⅠ・Ⅱ」では、介護技術に関連する体の構造や機能などの知識を学びます。具体的には、人間の心理として人間の基本的な欲求、記憶など、人体の構造として骨格、関節、筋肉などの機能について詳しく学び、介護サービスを提供する時に必要な体の安全面への配慮や心理面への配慮について理解を深めます。

介護過程Ⅰ と介護過程Ⅱ

「介護過程Ⅰ・Ⅱ」では、他の科目で学習した知識や技術などを統合しながら、介護過程を展開する方法を学びます。介護の目的や意義、介護計画の立案や進め方、情報を共有する方法、他職種の役割などについて理解を深めます。

介護過程Ⅲ

「介護過程Ⅲ」では、これまで学習してきた知識や技術を実際に活用できるように、グループワークなどで演習を行います。利用者の心身の状態に応じた適切な介護過程の展開を目指します。

医療的ケアと医療的ケアの演習

「医療ケア」では、健康状態の把握や清潔の保持、感染予防などについての基本的知識、喀痰吸引や経管栄養などの医療的ケアについて学習します。医療ケアでは、テキストでの学習時間とは別に、演習の受講が必要となっています。
医療的ケアの演習では、口腔内の喀痰吸引、鼻腔内の喀痰吸引、気管カニューレ内部の喀痰吸引、胃ろうまたは腸ろうの経管栄養、経鼻経管栄養の演習をそれぞれ5回以上、救急蘇生法を1回以上実施します。

通学が必要な科目は?

実務者研修の多くは通信コース(通信+通学)で実施されていますが、通信だけで修了することはできません。この通学が必要な科目として、「介護過程Ⅲ」と「医療的ケアの演習」があり、これらを受講するために約7日間通学します。

実務者研修の難易度について

実務者研修の難易度はどのようになっているのでしょうか。
先ほど記載した通り、実務者研修は通信コース(通信+通学)で実施されていることが多いので、通信と通学の学習の進め方について説明します。通信で学習する内容は、テキストを読み、期限が定められている課題を提出することで学習の状況を確認されます。提出課題には提出期限があり、この提出期限までに計画的に学習することが修了へのポイントになります。特に働きながら受講している方は、後回しにしないように気をつけましょう。
通学が必要な科目では、日程の調整が必要になります。特に急な欠席に対応するための振替授業を実施しているスクールを選ぶのが良いでしょう。

実務者研修を受講するスクールを探すには?

 
実務者研修を開講しているスクールを探すにはどうすれば良いのでしょうか?
スクールへの通学を考えると自宅から近いという条件を満たし、希望のスケジュールでスクーリングが実施されていること、受講費用が安いこと、振替授業が無料、就業支援を受けられることなどが比較する条件として挙げられます。これらを比較するためには、スクールからパンフレットを取り寄せることになりますが、一つずつ取り寄せるのは手間がかかります。
弊社の提供する資格の資料一括請求サイト『シカトル』では、一回の請求で該当になる複数のスクールから資料が届きますので便利です。
これから資料請求を行う方は、ぜひご利用ください。
資料の一括請求をしてみる

まとめ

実務者研修の学習内容・カリキュラムについてご理解いただけましたか。
実務者研修は、スキルアップ、キャリアアップを目指して、多くの介護の現場で働いている方が受講しています。ご紹介した通り学習する内容は介護の専門的な内容になりますが、不明点についてはスクールの講師等へ質問をして理解することが重要です。
介護福祉士を実務経験から目指す時に必要になる資格となっているだけではなく、実務者研修を修了することで資格手当の支給がある介護事業所もありますので、ぜひ受講しましょう。
この記事が皆さんの資格取得の一助になれば幸いです。

-実務者研修

執筆者:

関連記事

実務 者 研修 最短

実務者研修を最短で修了するには?

実務者研修とは、基礎的な内容から実践的な内容まで介護の知識と技術を学習する研修で、ここで学習する内容は、国家資格である「介護福祉士」として必要が知識・技術になります。そのため、介護福祉士の国家試験を実 …

実務者研修の難易度は?難しい?

実務者研修は、実力をつけるために役に立つのはもちろん、実務経験ルートにて介護福祉士の国家資格を取得するためには必ず修了しておく必要がある研修です。介護職員初任者研修に比べて内容が実践的になることもあり …

実務者研修の料金を比較!料金以外に注目するポイントは?

実務経験ルートで介護福祉士資格を取得するために、受講が必須となる実務者研修。実務者研修では喀痰吸引などの専門的な技術を学べること、修了するとサービス提供責任者になれることなどのメリットがあり、人気のあ …

実務 者 研修 修了 者

実務者研修修了者のその後とは?

介護職として働いている方は、職場から勧められたり、介護福祉士の資格取得を目指して「実務者研修」の受講を検討している方は多いのではないでしょうか。 この記事では、実務者研修はどうやって受講するのか、実務 …

実務 者 研修 介護 福祉 士 違い

実務者研修と介護福祉士の違いとは?

介護職として就職しようと考えている方は、就職前や就職後の資格取得を検討しているのではないでしょうか?介護に関する資格には複数ありますが、その中でも有名な「実務者研修」と「介護福祉士」の資格についてご紹 …