実務者研修

実務者研修受講のための費用はどれくらい?

介護職員初任者研修

投稿日:

これから介護職として就職を考えている方は、就職に有利になるように、現在介護職として働いている方はキャリアアップを目指して、「実務者研修」の受講を検討しているでしょう。
介護業界では、「介護職員初任者研修」→「実務者研修」→「介護福祉士」というキャリアアップの流れがあり、2016年度から国家資格である「介護福祉士」を実務経験から受験するためには、実務者研修の修了が必須となりました。そのため、将来にわたり介護職として活躍することを考えて実務者研修を受講する方が多いようです。
ここでは、実務者研修の受講を考えている方が気になる「受講費用」について、説明しますので、ぜひご一読ください。
実務者研修 費用

実務者研修の受講費用の平均は?

実務者研修の受講費用の平均は、無資格者で約10万円~20万円となっているようです。ここまで大きな差があるのは、「スクールの立地等の違い」「コースの違い」があり、またそれ以外にも「受講科目(免除科目)の違い」による差があります。

実務者研修は通信と通学どちらが安い?

実務者研修は、通学コースと通信コース(通信+通学)が開講されています。一般的に通信コースの方が、通学コースよりも、授業を行う講師の人件費や教室の維持費などの面で受講料が安い傾向にあります。
そして、通信コースを開講しているスクールの方が多く、通学の費用負担が少ない、学習時間の確保ができるなどの理由から、通信コースを選択する方が多いようです。

実務者研修は免除科目によって費用が変わる

実務者研修は、保有している介護の資格によって、一部の科目が受講を免除されます。そのため、受講費用も割引された料金が設定されています。
先ほどお伝えした受講費用の平均は、無資格者の受講費用の平均であり、他の資格をお持ちの方の受講費用の平均は以下の表のようになっていますので、受講費用を比較する時には注意しましょう。

資格 免除になる時間 平均受講費用
無資格 0時間 10万円~20万円
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級) 130時間 7万円~15万円
ホームヘルパー1級 355時間 3万円~6万円
介護職員基礎研修 400時間 2万円~5万円

実務者研修の費用を抑えるには?

実務者研修を受講する方は皆さん、なるべく安く受講したいところでしょう。実務者研修は、国や自治体等が実施している助成金制度、スクールが独自に実施している割引制度やキャンペーンを利用することで、受講費用の負担を軽減できますので、各種制度をご紹介します。

実務者研修修了のための助成金制度について

国や自治体等による実務者研修の助成金制度として、「教育訓練給付制度」と「介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度」の2つをご紹介します。

一般教育訓練給付金制度

教育訓練給付金制度とは、労働者の能力開発および中長期的キャリア形成の支援を目的に、教育訓練にかかった費用の一部を国が支給する制度です。
受給するためには条件があり、在職中、もしくは離職した日から1年以内の方で、雇用保険の被保険者期間が3年以上の方が対象になります。厚生労働大臣が指定する教育訓練終了後に、スクールに支払った受講費用の20%がハローワークから支給されます。受給の上限額は10万円、受給額が4千円以下の場合は対象外になります。

介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度

その自治体で働く介護職の受講費用の負担を軽減するために、自治体等が無利子で受講費用を貸付する制度です。この制度には、受講後の勤続年数によって返済を免除する規定があるため、条件を満たすことで負担を軽減することができます。
たとえば千葉県の場合、県内に住民登録をしていて、実務者研修修了後に県内で介護業務に従事し、原則として県内の実務者研修施設に在学して介護福祉士の資格取得を目指す方が対象になります。そして以下の条件を満たすことで借りた受講費用の返済が免除になります。
・実務者研修を修了した日、または業務に従事する期間が3年に達した日のどちらか遅い日から1年以内に、介護福祉士試験に合格して資格登録を行うこと。
・資格登録後、千葉県内で介護関連の業務(介護福祉士の受験範囲に定める内容)に続けて2年従事すること。

スクールの割引制度を利用する

実務者研修を開講しているスクールでは、様々な割引制度やキャンペーンを実施しています。代表的な割引制度として、複数人まとめて申し込む「団体・友人割引」、受講の期間による「期間限定割引」、他の研修とセットで申し込む「セット割引」などがあります。
このように、スクールが提供する割引制度や特典を利用するのが良いでしょう。

介護福祉士になるまでにかかる費用は?

実務者研修を受講する方は、「介護福祉士」を目指している方が多いでしょう。ここでは、「介護福祉士」を取得するまでに必要な費用を説明します。
介護福祉士を取得するには、「実務経験ルート」「養成施設ルート」「福祉系高校ルート」「経済連携協定(EPA)ルート」のいずれかのルートで受験資格を得る必要があります。
このうち実務経験ルートでは、これまでご紹介した実務者研修の受講費用が必要になります。それ以外のルートとして「養成施設ルート」を比較すると、「養成施設ルート」では、福祉の専門学校等を卒業する必要があるため、その授業料他が約150万円~300万円ほどかかります。その後、どちらのルートでも、国家試験の受験料、合格後の登録費用、合わせて数万円が必要になります。

スクールごとの違いを比較検討しよう

実務者研修のスクールは、比較検討して決めましょう。比較するポイントとして、受講費用、スクールの立地、スクーリングのスケジュール、振替授業の有無などが挙げられます。
実務者研修のスクールは全国各地にあるので、お近くのスクールを1件1件探すのは大変です。
そんな時は、効率良く資料請求できる「資料一括請求サイト:シカトル」が便利です。希望条件を入力すると、該当になるスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

まとめ

今回は、実務者研修の受講費用について、おおよその受講費用や助成金制度をご紹介しました。これから実務者研修を受講する皆さんの参考になりましたでしょうか?
実務者研修は、介護職としての専門知識やスキルを向上させることができる研修です。取得することで、給与アップや就職面での優遇などのメリットがあるので、ぜひ受講費用負担を減らして受講しましょう。
皆さんが、無事に実務者研修を修了して、介護職としてますますご活躍することをお祈り申し上げます。

-実務者研修

執筆者:

関連記事

実務 者 研修 メリット

実務者研修のメリットとは?就職・転職に有利?

実務者研修では、幅広く介護を必要とする方へ介護サービスを提供できる実践的な知識や技術を修得できます。介護職への就職や転職を希望している方、キャリアアップを図りたいと考えている方の中には取得を考えている …

実務 者 研修 通信

【実務者研修】通信講座のメリット・デメリットと選び方

介護職として働いている方には、介護福祉士を目指して実務者研修の受講を考えている方も多いのではないでしょうか?しかし、日々の仕事や家事・育児などに追われて受講時間を確保できるか心配な方も多いでしょう。 …

実務 者 研修 内容

実務者研修の学習内容・カリキュラムを解説

介護業界で働いている方は、スキルアップ、キャリアアップのために実務者研修の受講を考えていると思います。しかし、「どんなことを学ぶのだろう?」「修了できるだろうか?」と実務者研修の申し込みを迷っていませ …

実務 者 研修 難しい

実務者研修は難しい?難易度や合格率はどれくらい?

介護の現場で働いている方は、職場からステップアップのために実務者研修の受講を進められることがあるかと思います。受講を考えている方の中には、「どのようなことを学習するのかな?」「難しいのかな?」と不安を …

実務 者 研修 試験

実務者研修の修了試験。難易度と例題

介護のスキルアップや介護福祉士の受験資格を満たすために、実務者研修の受講を検討している皆さんは、受講費用や受講期間と合わせて、修了試験について気になっていませんか? 「修了試験があるの?」「試験勉強は …