医療事務

医療事務資格の勉強内容とは?勉強方法もご紹介します!

介護職員初任者研修

投稿日: 更新日:

安定した職業として人気がある医療事務。日本は超高齢化社会を迎えて、これから医療業界の需要は増すばかりです。その中で、医療事務という職種に注目している方が多いのではないでしょうか。
医療事務として働く際、多くの方が資格を取得しています。医療事務の資格は国家資格ではなく民間資格なので、様々な資格があり、それぞれに難易度や内容が異なります。ご自身に必要な資格を見極めて取得することで、希望の職場への就職に近づくでしょう。
ここでは医療事務として働きたいと考えている方へ、医療事務の資格の勉強内容と勉強方法をご紹介しますので、資格取得の参考にしていただければ幸いです。

勉強

1.医療事務の資格の勉強内容

医療業界での事務職というと、総合病院やクリニックで、受付や会計を担当する仕事を思い浮かべる人が多いと思いますが、就業先の業種によって、医療事務、調剤薬局事務、歯科医療事務など学習する内容と資格が違います。

・医療業界での事務職の種類

以下にご紹介する職業にはそれぞれに民間資格が存在しています。

[医療事務]

医療事務は総合病院やクリニックなどで働く事務職です。仕事の主な内容はレセプト(診療報酬明細書)作成や、患者様の受付、電話応対などを担当します。事務職としてだけではなく、患者様に関わるサービス業としての業務もあります。

[調剤薬局事務]

調剤薬局事務は調剤薬局が職場となります。仕事の内容は医療事務とほぼ同じ内容になり、主としてレセプト(調剤報酬明細書)作成、受付、電話応対などを担当します。

[歯科医療事務(歯科助手)]

歯科医療事務は歯科医院が職場となります。こちらも仕事の内容は医療事務とほぼ同じ内容になり、主としてレセプト(診療報酬明細書)作成、受付、電話応対などを担当します。小規模なクリニックが多いため、時には歯科助手としての業務も担当することがあるでしょう。

[医療事務作業補助者]

医療事務作業補助者は総合病院などが職場となります。医療事務とは業務が違う職種となり、ドクターズクラークと呼ばれています。医師の事務処理作業をサポートすることが業務になります。

・医療事務で必要となるスキル

ここでは、医療事務で必要となるスキルは大きく分けて「レセプトスキル」「事務処理能力」「窓口対応スキル」となります。

・レセプトスキル

└レセプトとは
レセプトとは「診療報酬明細書」のことです。診療にかかる費用は患者様へ約3割を請求します。それ以外の約7割の診療報酬を国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金等へ請求するためにレセプトを作成します。

└レセプト作成する際に必要なスキルは
レセプト作成のためには、基礎となる医療保険制度の理解をはじめ、レセプトの仕組みなどの専門知識が求められます。実際のレセプト作成業務はパソコンで入力、作成することが多いですが、業務を行う上で知識は必要となります。

└レセプトスキルを身につけるためにすべきこと
資格の試験においてもレセプトは中心的に出題される内容の一つです。診療点数早見表を使いながら繰り返し学習し、手書きのレセプトを作れるようにしましょう。

・事務処理能力

└事務処理とは
医療事務は多岐に渡る業務を担当する職種なので、一般的な事務処理能力も必要になります。ファイリング、資料作成、パソコンへの入力作業など、様々な事務業務があります。

└事務処理をする際に必要なスキルは
パソコンスキルについてはある程度は身についていることが前提になるので、ワードやエクセルなど基本のオフィスソフトの操作は学習しておきましょう。それ以外の事務処理は職場ごとに異なるため、職場での業務を通して身につけていくとよいでしょう。

└事務処理能力を身につけるためにすべきこと
事務処理能力を身につけるためには、毎日の仕事でコツコツ身につけることが望ましいです。仕事に丁寧に取り組むことが事務処理能力の向上につながります。

・窓口対応スキル

└窓口対応とは
医療機関等の受付や会計などの場面で患者様の対応する業務となります。病院やクリニックの顔ともいえる業務ですので、丁寧な対応は病院全体の印象を良くします。

└窓口対応する際に必要なスキルは
コミュニケーションスキルやビジネスマナーを身につけることで、患者様が安心して治療に専念することができる環境づくりに貢献できるでしょう。

2.医療事務の資格の勉強方法

医療事務の資格は民間資格のため、目指す資格によって勉強内容や勉強方法が異なります。ここでは、大まかにスクールと独学に分けて勉強方法のメリットとデメリットを解説します。

・スクール(通信制、通学制)

[メリット]

スクールを利用する場合、勉強のペースをつかんで効率的に勉強を進めることができることが最大のメリットでしょう。また、わからないところがあった時には講師に質問できるので、疑問点がそのままになってしまうことがありません。

[デメリット]

スクールを利用する際のデメリットとしては費用が挙げられます。通信制、通学制により異なりますが、数万円から数十万円という講座があります。

・市販のテキストで独学

[メリット]

市販のテキストを利用する場合、費用はテキスト代だけとなり、スクールと比較すると費用を抑えることができることがメリットです。

[デメリット]

独学の場合、ご自身でスケジュール管理を行うこと、モチベーションを保つのが難しいこと、わからないところを質問できないことがデメリットとなります。

3.最後に

医療事務には民間資格が多数あり、レセプトや受付、事務処理能力など多角的な学習が必要となる試験や、レセプトに特化した試験まで様々です。取得することで就職に有利となりますので、希望する就業先で必要となる内容を効率的に学習し、資格を取得しましょう。
今回の記事が参考になりましたら、シェアをよろしくお願いいたします。

-医療事務

執筆者:

関連記事

医療事務の資格取得 費用を抑える方法

人気の職業である医療事務。「私もやってみたい」と思われている方も多いでしょう。 医療事務は、患者様と医療の懸け橋となる重要な仕事であり、様々な資格があります。では、資格を取得している方々は受験対策のス …

医療事務の資格あり・無資格での平均給料は?

医療事務は、医療機関等で事務業務を行う仕事です。主に、患者様に対して受付、会計、レセプト請求、カルテの管理という業務を行います。 ここでは、医療事務に興味のある方、医療事務で働くことを目指している方へ …

通信講座で医療事務の資格を取得するまでの流れは?メリット・デメリットもご紹介します!

事務職として就職する際の選択肢として根強い人気のある医療事務。超高齢化社会を迎えた日本では、医療ニーズが増加しているため、今後も安定的な職業として人気があるでしょう。 専門性のある職業ながら、スキルア …

医療事務の試験対策はどのように行うべきか

通信講座で取得可能な資格として人気のある医療事務資格は、医療関係の仕事に興味のある方や日勤帯で働ける職を探す方に注目されています。多くの医療事務資格は試験を受験し、合格することで資格を取得します。 そ …

医療事務資格を通学で取る時の費用や流れ

医療事務の資格は、就職先が多岐に渡るため人気のある資格です。 ここでは、医療事務として自信を持って仕事に就くために、どのような医療事務資格を目指すと良いのか、通学課程ではどのような勉強をするのかを具体 …