医療事務

これでバッチリ~医療事務の時給アップ~

介護職員初任者研修

投稿日: 更新日:

人気の職業の一つである医療事務。病院に居なくてはならない存在です。これから医療事務に就職してみようかなと考えている方は、医療事務の求人情報を見ていると思います。求人情報を見ると時給はあまり高いわけではなく「人気だけど、給与面が・・・」と思う方もいるはずです。
そこで今回は、医療事務の時給にスポットを当て、給与の相場、給与アップについて調べましたのでご一読ください。

1,000円札

1.医療事務で働く際の時給

時給の相場

医療事務の時給の相場についてご紹介します。これは業務内容、雇用形態、勤務時間帯、勤務先所在地などによって変わります。いろいろな病院等の求人票を見てみると、おおよそ900円~1500円といったところが相場のようです。ただし首都圏や都市圏とそれ以外の地域など、地域による最低賃金が大きく影響して差が出ています。これは医療事務だけでなく、様々な仕事にもいえることでしょう。では、医療事務を「医療事務」「調剤薬局事務」「歯科医療事務(歯科助手)」「医療事務作業補助者」に分けて、その時給を調べました。

医療事務の相場
医療事務 900円~1500円
調剤薬局事務 900円~1300円
歯科医療事務(歯科助手) 900円~1300円
医療事務作業補助者 900円~1300円

時給が関係する項目

業務内容

医療事務というと真っ先に受付で、患者様の受付および案内、診療後の会計、予約などの電話応対が頭に浮かびます。それ以外にも、診療報酬を請求する業務、医師の事務作業補助、入院病床のある病院では入退院の受付や手続きなど様々な業務があります。主となる業務とその経験年数などによる評価で時給に差が出ます。

雇用形態

給与の決め手となるのが雇用形態といっても過言ではありません。代表的な雇用形態は以下のようになります。

  1. 正社員
  2. パートなど
  3. 派遣社員

この中で時給で就業するのは、2. 非正規(パートなど)、3. 派遣社員となるでしょう。
医療事務の時給について調査すると、非正規より派遣社員の方が時給が高いケースが多くありました。ただし、派遣社員の方が良いというわけではなく、直接雇用ではないことのメリットもデメリットもあります。

勤務先の所在地

 
時給には、その地域における最低賃金が大きく関わっています。大都市では物価等が高いために、賃金もそれに見合ったものとならざるを得ません。
余談ですが、みなさんがお住まいの地域の最低賃金をご存知ですか。知らない方は就職情報誌やハローワークなどで確認できますので、把握しておくと転職の際は役立ちます。

2.医療事務の時給を上げる方法

では、時給を上げる方法についてご紹介します。

資格を取得する

給与アップを狙う方法として、資格を取得することが挙げられます。以前と比べ、今では医療事務に関する資格が多くあり、資格に合わせて講座も多く開講されています。資格は民間資格になりますので、取得の難易度がそれぞれ違います。お勤めの病院等で資格による昇給や資格手当があるか、どの資格が該当するか(似た名称の資格があるので間違えないように)を確認して、その資格を取得しましょう。

給料が良い勤務先に就職、転職する

給与条件の良い職場への就職、転職を検討することも良いでしょう。就職、転職する際は、医療事務の資格を取得していると一定の能力があることをアピールができるため、お持ちでない方は資格取得をご検討ください。
就職先、転職先を探す際、ハローワークや就職情報誌、就職情報サイトなどを利用すると思いますが、給与が良いという一つの面だけを見るのではなく、業務内容、福利厚生、通勤方法なども合わせて確認、比較しましょう。

雇用形態を変える

パートや派遣社員から正社員へ雇用形態を変更することで(時給換算すると)給与が上がります。双方とも1日8時間、月20日間勤務した場合の平均年収のデータになります。これだけ見ると正社員として勤務した方がよさそうですが、パートや派遣社員は、自分の都合に合わせた就業時間で就業できるメリットがあります。ご自身のライフスタイルに合わせてご検討ください。また、雇用形態の変更は皆さんの希望だけでは変更できないため、ご留意ください。

派遣社員と正社員との給与比較(平均年収)
パート・派遣社員 190万円~260万円
正社員 290万円~500万円

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。医療事務の時給について見てきました。医療事務は様々な業務があり、患者様と医療をつなぐ重要な仕事です。資格は時給アップを考えるとスクールなどで容易に取得できることもわかりました。正社員、パート・アルバイト、派遣社員の給与の違い、またどのように給与を上げていくかについても確認できました。
ぜひとも参考にしていただきたいと思います。この記事がお役に立てましたら、シェアをお願いいたします。

-医療事務

執筆者:

関連記事

医療事務の資格の難易度・合格率はどれくらい

日本の医療サービスは、健康保険制度を利用することで患者様に提供されています。この制度が運用されるためには、診療行為等が適切に記録され、事務処理される必要があります。 現在、医療技術の進歩と共にそれぞれ …

あなたもできる~医療事務~ 医療事務を取得するメリットをご紹介

さてみなさんは、医療事務と聞くとどんな仕事を思い描きますか。今回は、医療事務として働くにあたり、どういったメリットやデメリットがあるのか、また資格を取得した場合は就職に有利なのかを説明します。 医療機 …

医療事務資格を職業訓練を通して取得するには

現在、日本では転職市場の活発化や定年年齢の引き上げ等により、ひとつの職場や職種で定年まで働き続けることが必ずしも安全ではなくなっています。また、会社員である限り、現在の職場が倒産する等のリスクが常にあ …

医療事務の受験資格について

医療機関などで医療事務の仕事をするために、資格の取得を検討している方は多いと思います。しかし、資格の種類が多く、どの資格を取得するか悩むことがあるのではないでしょうか。 そこで、この記事では13種類の …

医療事務講座を開講しているスクールの比較について

医療事務の仕事とは、病院などの医療機関においてとても重要な役割を担います。病院の顔でもある受付業務、診療を受けた患者様への会計業務、「レセプト」と呼ばれる診療報酬明細書の作成業務を行います。 このよう …