保険請求事務

保険請求事務技能検定試験の難易度はどれくらい?

介護職員初任者研修

投稿日: 更新日:

歯科医院で診療報酬請求事務の仕事をしているみなさま。または、これから歯科医院の医療事務の仕事に就くことを検討されているみなさま。保険請求事務技能検定試験を受けようとご検討中ではありませんか?保険請求事務技能検定試験は、歯科の診療報酬請求に必要な知識と技能を図る試験ですが、試験の難易度はどれくらいかご存知でしょうか?
この記事では、保険請求事務技能検定試験の内容と難易度について調べています。
ぜひご一読いただき、みなさまのこれからの受験にお役立てください。

悩んでいる女性

1.保険請求事務技能検定試験とは

まず、保険請求事務技能検定試験とはどのような試験なのでしょうか?
 

・歯科の医療事務に関する試験

保険請求事務技能検定試験は、歯科医院において医療事務の知識があることを証明する資格です。

・資格取得後は歯科における医療請求事務の専門家として位置づけられる

資格取得後は資格を履歴書に記載することができ、歯科医院の診療報酬請求事務についての知識があることをアピールできます。

・受験資格

日本医療事務協会が歯科医療事務講座修了レベルの知識を得ていると認める方が受験できます。

・受験料

7,000円 (税抜)

・試験科目と内容

試験科目は学科試験と実技試験に分かれています。 

学科試験

医療保険制度や診療報酬制度、薬価について、材料等の基礎知識、医療用語などの基本的な知識

実技

診療報酬請求事務(レセプト請求)

・試験時間

試験時間は学科試験と実技試験を合わせて2時間です。

・合格の基準

合格の基準は非公開になっています。

2.保険請求事務技能検定試験の難易度

それでは保険請求事務技能検定試験の難易度はどれくらいでしょうか?

・学習内容が難しい

まず、未経験の方には歯科の専門用語が多数出てくるので難しい試験です。そのため受験資格に日本医療事務協会が歯科医療事務講座修了レベルの知識を得ていると認める方という条件があります。

保険請求事務技能検定試験を合格するためには、どのような学習方法があるでしょうか?

講座を受講して勉強する

受験資格に記載している歯科医療事務講座を受講することをおすすめします。この講座は通信講座と通学講座があります。

通信講座を受講する

通信講座では、テキストを使用し学習を進めます。メリットは、ご自分の都合のよいスケジュールで勉強ができること、試験を自宅で受験できること、通学講座と比較すると費用が安いこと、が挙げられます。

通学講座を受講する

通学講座では、5日間と短期間の通学で学習します。メリットとしては、講師に不明点などをその場で直接聞くことができること、スケジュール管理がしやすいことが挙げられます。

3.まとめ

ここまで保険請求事務技能検定試験の内容と難易度についてご紹介しました。
歯科医院の診療報酬請求の知識と技能を評価する試験ですから、合格すると就職で有利に働きます。診療報酬請求は専門的内容が多くあり、間違えてしまうことがあります。その中で、診療報酬請求に詳しい保険請求事務技能検定試験に合格した方がいることは、歯科医院にとって心強いことでしょう。この記事をお読みいただいたみなさまには、ぜひとも保険請求事務能力検定試験に合格していただき、医療業界でご活躍していただきたいと思います。
この記事がお役に立てたようでしたらシェアをお願い致します。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

-保険請求事務

執筆者:

関連記事

保険請求事務技能検定試験とは

医療事務の資格に「保険請求事務技能検定試験(歯科)」があります。 今回の記事では、試験の詳細な情報と、資格のメリット等をご紹介します。歯科医院の医療事務に興味のある方、歯科医院の医療事務で働きたい方の …