実務者研修

働きながら実務者研修を取得するためには?

介護職員初任者研修

投稿日: 更新日:

実務者研修を取得しようと考えている方は、働きながらでも実務者研修を修了できるかどうか気になっているかと思います。
今回の記事では、働きながら実務者研修を修了できるのか、また修了までの方法についてご紹介させていただきます。

研修

目次

1.働きながら実務者研修を取得できるか

働きながら実務者研修の取得を目指している方はとても多いです。なぜならば、これまでは介護の現場経験が3年以上の方であれば、介護福祉士の国家試験の受験資格を得ることができましたが、2016年度より、介護福祉士の国家試験を実務経験ルートから受験するためには、実務経験が3年以上あることに加えて、実務者研修を修了しなければならなくなりました。そのため、介護福祉士を目指し、働きながら実務者研修を修了している方は多くいらっしゃいます。
実務者研修は通信+通学制が多く開講されています。自宅にて通信講座を受講しながら、7~9回ほどスクールに通って受講するカリキュラムになり、スケジュールを調整しながら仕事と両立させていくことが可能となっています。

・働きながら実務者研修を取得するための留意点

自分のライフスタイルに合わせたスクール、カリキュラム選びをする

働きながら実務者研修を修了したいと考えている方の多くが、通信+通学制で学ばれています。これは、ライフスタイルに合わせた学習スケジュールを組むことが可能となるためです。通信講座を受講している時には、提出しなくてはいけない課題等があり、提出期限が定められています。課題を期限までに提出すること、通学の必要な科目を通学して受講すること、が修了するために重要なポイントとなります。

授業の振替の融通がきくか

通学中に、体調不良や仕事、家庭上の都合でスクールに通えないケースがあるかと思います。多くのスクールでは、別のクラスの授業を振替で受講できる制度を用意しています。しかし、注意して頂きたいのが、受講期限が定められている場合があることと、振替受講が有料の場合があるということです。受講期限内に受講できないと実務者研修を修了できない場合もありますので、必ず確認しましょう。また振替受講に関して、無料か有料かはスクールよって異なります。

交通の便

通いにくいスクールとなってしまうと、学習の継続性が欠けてしまいます。駅から近い、自宅から近い、職場から近いなど、できるだけ自分が通いやすいスクールを選びましょう。

口コミや学校見学会を利用する

実際に通っている、または通っていた知人や友人の意見、インターネットの口コミ、説明会等を利用して、スクールの情報を収集し、参考にしてスクールを選ぶといいでしょう。

2.働きながら実務者研修を取得するには

〇夜間コース

・料金の違いはあるか

夜間コースは、平日昼コースと比べると2~5万円ほど受講料が高くなるようです。

・夜間コースのメリット

働きながら学校に通うとなると、やはり平日の昼に時間が取れない方が多いと思います。そうなると夜間コースか土曜日、日曜日コースを選ぶかと思います。
土曜日、日曜日コースとなると、受講時間が1日7~8時間となり、長時間続けて勉強をすると集中力が続かない方もいらっしゃると思います。夜間コースであれば、最大でも3時間ほどの講義となっており、仕事帰りに通学して、短時間集中して受講するといったご自分のライフスタイルにあった学び方をすることができます。

・夜間コースのデメリット

夜間コースを実施しているスクール自体が少ないため、まず探すことが困難だと言えるでしょう。また、受講料を安く抑えようとしている方にとっては、夜間コースは割高となり、通学回数が増えるため交通費も多くかかってしまいます。

・夜間コースに通った場合のモデルケース

7:00 起床
8:30~17:30 仕事
17:30~18:00 移動
18:00~21:00 講義
21:00~21:30 移動
21:30 帰宅
休日、土曜日、日曜日などに通信学習を行う

〇土曜日、日曜日コース

・料金の違いはあるか

平日コースに比べると、1~3万円ほど受講料が高くなるでしょう。

・土曜日、日曜日コースのメリット

土曜日、日曜日が休日となる仕事をしている方や平日にスケジュール調整が難しい方には大きなメリットがあります。週に1日ほどの通学スケジュールになりますので仕事と勉強の両立が図りやすいコースだと思います。また、夜間コースと比較すると実施しているスクールが多いため、スクール探しの面でもメリットがあります。

・土曜日、日曜日コースのデメリット

こちらも夜間コースと同じく、昼間コースト比較すると受講料が若干割高になります。また、土曜日、日曜日限定の授業となってしまうため、講義内容によっては講義の振替が難しくなってしまう場合があります。

・土曜日、日曜日コースに通った場合のモデルケース

(平日)
7:00 起床
8:30~17:30 仕事
18:00~21:00 食事、家事など
21:00~23:00 通信学習
23:00 就寝

(土曜日または日曜日)
7:00 起床
8:00~8:30 移動
8:30~17:30 講義
17:30~18:00 移動
18:00~21:00 食事、家事など
21:00~23:00 復習や通信学習
23:00 就寝
平日夜間、休日に通信学習を行う

3.まとめ

結論を言うと、働きながら実務者研修を修了することは十分に可能です。ご自分のライフスタイルに合わせたコースやスクール選びをして、実務者研修の受講をご検討ください。
今回の記事がスクール選びの参考になりましたら、シェアをお願いいたします。

-実務者研修

執筆者:

関連記事

実務者研修を最短で取得するには?

介護業界で働いている方は実務者研修を最短で修了して、より早く昇給や昇進につなげたいとは思いませんか? 実務者研修の最短での取得期間と、その方法、留意点についてまとめました。実務者研修を最短で取る場合の …

実務者研修の受講期間は?

介護業界では、介護サービスの質を担保するため、資格取得を推奨している介護事業所が多くあります。そのため、求人条件に資格を記載している事業所や有資格者に給与面で優遇している介護事業所が多いでしょう。現在 …

実務者研修の料金を比較!料金以外に注目するポイントは?

実務経験ルートで介護福祉士資格を取得するために、受講が必須となる実務者研修。実務者研修では喀痰吸引などの専門的な技術を学べること、修了するとサービス提供責任者になれることなどのメリットがあり、人気のあ …

実務者研修は通信でも取得できるか

日本の高齢化が進む中、介護分野における介護の人手不足という状況が続いています。その中でも、適切な介護サービスを提供するため、有資格者の介護職員を採用したい、働いている職員に資格を取得してほしいと考えて …

実務者研修の講座の一覧

介護の仕事を志しているみなさま。多くの方が介護の仕事の入門として、まず介護職員初任者研修の取得を目指されるでしょう。誰でも受講資格のある研修ですが、1日で取得できる研修ではありません。介護職員初任者研 …