医療事務

あなたもできる~医療事務~ 医療事務を取得するメリットをご紹介

介護職員初任者研修

投稿日: 更新日:

さてみなさんは、医療事務と聞くとどんな仕事を思い描きますか。今回は、医療事務として働くにあたり、どういったメリットやデメリットがあるのか、また資格を取得した場合は就職に有利なのかを説明します。
医療機関で患者様と医療をつなぐ重要な仕事である医療事務。この記事が、医療事務の仕事に興味がある方、これから就職したいと思う方の参考になれば幸いです。

はかり

1.医療事務で働くメリット

人気の職業である医療事務ですが、実際にこの職種として働くメリットにはどんなことがあるのでしょうか。いくつか挙げましたので見ていきましょう。

求人数が多い

まずは求人数が多いことが挙げられます。それだけ需要が多いということですが、地域により若干事情が違いますのでご了承ください。医療事務の業務は、受付での患者様の対応、受診予約などの電話対応、書類作成、診療報酬請求業務など多岐に渡ります。そのため、医療事務として優秀な人材を求めている医療機関が多くあります。

就職先の幅が広い

次に、就職先の幅が広いことも挙げられます。一言で病院といっても、大学病院や総合病院などの規模の大きい病院、クリニックや診療所などの規模の小さい病院など規模の違い、それに加えて、診療科目(外科、内科、整形外科、泌尿器科、眼科、耳鼻科、皮膚科など)も様々です。自分はどこの科を受診すればよいのか迷ってしまうことがあります。こうした背景から、就職先の幅が広いといえます。

2.医療事務の資格を取得するメリット

それでは実際に医療事務の資格を取得するメリットとはどんなことがあるのでしょうか。いくつか挙げましたので見ていきましょう。

業務の理解が早い

医療事務は民間資格ですので、もちろん無資格でも医療事務として就業することは可能です。しかしながら、業務内容について専門知識があるとないとでは、職場での業務指導の内容や指導に必要な時間が変わります。そのため有資格者は実務に就くまでの時間が短くなります。

就業先によっては資格手当の支給がある

就業先により、資格を取得していると資格手当の支給があります。これはすべての医療機関で実施しているわけではありませんが、給与アップにつながるということは資格取得に向けた行動原理となるでしょう。また、資格取得と合わせて実務経験を積むことでを昇給する医療機関もあります。

無資格者より就職しやすい

民間の資格といえども、医療機関からは一定の評価を受けているため、採用判断の材料として利用されています。

日常生活でも使える知識が身につく

医療事務で得た知識は日常生活でも使える知識です。ご自身やご家族が病院を受診する際や保険制度の切替時期に役立つ知識を得ることができます。また、業務でパソコンを使いますので、プライベートでパソコンを使う方や他の仕事に向けてよい経験となります。

3.医療事務で働くデメリット

医療事務で働くデメリット

これまで医療事務で働くメリットについてみてきました。ここでは、医療事務で働くデメリットについて、いくつか挙げましたので見ていきましょう。多くの人は自分にとって都合のよいところしか見ない傾向にあります。ですがデメリットを把握しておくことで、思いがけない事態にも対処できるでしょう。

給料が低い

医療事務の仕事は、給料が低いという点が挙げられます。給与の額は、正社員、パート、派遣社員などの雇用形態による違いと医療事務、調剤薬局事務、歯科医療事務など、勤務先の種類による違いがありますが、他の業界と比較すると若干低くなっているようです。

診療報酬が変化するので勉強が大変

医療事務の業務に診療報酬の計算があります。診療報酬は2年毎に改定があり、内容が変わります。既存の診療点数が変わる場合や、新しい診療項目が創設される場合などがあります。診療報酬について、常に新しい情報を手に入れる必要があるため、資格取得後も勉強が必要になります。

医療事務で働くデメリットを解決する策

デメリットについていくつか挙げてますが、今度はそのデメリットを少しでも解決する策について見ていきましょう。

初任給は低い傾向があるので、経験年数を積んで昇給を目指す

これは医療事務に限ったことではありませんが、どの職業も初めは給与が低く設定されています。この解決策は、実務経験を積み、就業先の規程に合わせて昇給を目指します。

ブランクの期間を作らず、定期的に勉強をする

ブランク期間を作らないのが理想でしょうが、人生においてライフステージの変化など就業していない期間があったとしても、法制度などの情報を収集し、常に最新の情報をインプットしておくことが大切です。

労働環境のよい勤務先に転職をする

これも解決策の一つです。せっかく就業した職場が「労働環境や労働条件が悪かった…」などといったことがないのが一番ですが、よい職場ばかりとは限りません。ご自身のライフスタイルに合った勤務先を探すことが大切です。

4.まとめ

いかがでしたか。医療事務に関わるメリット・デメリットを見てきました。
医療機関の需要の高まりと共に、医療事務の活躍の場も広がっていることが就職しやすいことにつながっています。もちろん無資格でも就業できますが、資格を取得すると就職面待遇面で違いがあることはこれまで述べてきた通りです。これから就業を目指す方は、ぜひ医療事務の資格を取得し、就業してください。
この記事が参考になりましたら、シェアをお願いいたします。

-医療事務

執筆者:

関連記事

医療事務管理士技能認定試験の過去問について

医療事務の資格には様々なものがあります。その中の1つ「医療事務管理士技能認定試験」は、レセプト業務にも対応した資格です。試験会場での受験だけでなく、インターネットでの自宅受験もできる試験です。 今回は …

医療事務の受験資格について

医療機関などで医療事務の仕事をするために、資格の取得を検討している方は多いと思います。しかし、資格の種類が多く、どの資格を取得するか悩むことがあるのではないでしょうか。 そこで、この記事では13種類の …

医療事務講座を開講しているスクールの比較について

医療事務の仕事とは、病院などの医療機関においてとても重要な役割を担います。病院の顔でもある受付業務、診療を受けた患者様への会計業務、「レセプト」と呼ばれる診療報酬明細書の作成業務を行います。 このよう …

医療事務の試験日はいつ?

医療事務の仕事をするために、資格の取得を検討されている方もいらっしゃるでしょう。医療事務資格は多数あり、資格によって試験の頻度や時期が異なります。計画的な受験対策を行うには、まず試験日や、受験申し込み …

医療事務の試験対策はどのように行うべきか

通信講座で取得可能な資格として人気のある医療事務資格は、医療関係の仕事に興味のある方や日勤帯で働ける職を探す方に注目されています。多くの医療事務資格は試験を受験し、合格することで資格を取得します。 そ …